2018年4月18日水曜日

イルミナティの陰謀と小保方晴子、STAP細胞潰し





この真相はしっておくべきです。

必ずのちに明らかになります。

メディアがスクラムを組んでなかったことにしようとしましたが、小保方さんは負けていませんでした。


2018年4月14日土曜日

心臓移植”肺移植”膵臓移植”がドナー待機最長でも3ヶ月以内に可能

URL:http://www.zoukiishoku119.com/

海外心臓、肺、膵臓移植プログラム!!
ドナー待ち3ヶ月以内かつ米国の1/10の費用で心臓肺移植を実現!!

厚生労働省は2018年12月より海外療養費制度から、海外での臓器移植に対して最大1000万円の補助を出すことを決定しました。
この補助制度を受けるためには正式に海外の公的機関に待機登録がなされ、その国の法律に則って移植が行われる事が必要です。しかし、一般の患者の方々がそうした制度を利用し認可を受ける事は、大変難しい状況にあります。そこで弊社では法律に則って手続きや申請を一括でサポートするプログラムを作り上げました。このプログラムによって、米国の1/10の価格で、3ヶ月以内の移植手術を実現しました。




日本語の通訳サポートも完備!
患者様は検査データをご用意頂き、直接執刀医からSkypeで診察を受けられます。必要であれば、日本の主治医を含めた3者ミーティングも可能です。安心してお任せください。

現在、日本ではドナー不足から長期に渡り移植を待っている患者様が多くいらっしゃいます。そうした患者様の人生にとって、アジア最高峰の病院で10,000例を超える移植経験と10年生存率95%と言う驚異の成功率で他を圧倒している「海外心臓、肺、膵臓移植プログラム」が、助けになると信じております。

「海外心臓、肺、膵臓移植プログラム」
費用:$300,000米ドル(約3,240万円)
※為替レートによって価格は変動します。


肺移植

肺移植手術は、罹患した肺を除去し、ドナーから供給された健康な肺に置き換える手術です。一般的に肺移植は、末期の肺不全患者の寿命およびQOLを改善するための難易度の高い手術の一つです。このプログラムでは最高の移植外科医と特殊な設備を備えている施設で行われる革新的な移植外科手術を受けることができ、成功率も群を抜いて高いのが特徴です。
アジアN01と評価されているこの病院では、末期の肺疾患の患者様が最後のよりどころになっています。また、病棟や手術室は患者様のための設備が整っており、海外が不安だという患者様に最高のケアとサービスを用意しております。

肺移植対応疾患:
末期肺疾患
嚢胞性線維症
肺高血圧症
肺高血圧症
肺血管拡張薬
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
間質性肺疾患


心臓移植

心臓移植は、末期の心臓病の患者様にとって最後の選択肢です。あらゆる治療を試しても、回復が見込まれない患者様に対して行われます。そこで、本プログラムでは最高の心臓病学科と胸腔鏡外科医が連携する医療チームがある心臓移植科を紹介しています。経験豊富な医師は、世界有数の最先端の病院で指導訓練され、過去数年間に多数の心臓移植手術を成功させています。こちらでも患者様にとってストレスのない環境で手術に臨んでいただけるように最良のケアとサービスを提供しています。

心臓移植対応疾患

特発性心筋症
拡張型心筋症
拡張相肥大型心筋症
拘束型心筋症
虚血性心疾患(心筋梗塞)
心臓弁膜症
先天性心疾患(外科的に修復のできない場合)
その他:心筋炎、サルコイドーシス、心臓腫瘍、薬剤性心筋障害など


膵臓移植

膵臓移植は、1型糖尿病の患者様に対する治療法の一つで、腎臓移植と一緒に行われる手術です。かつては生体膵臓移植(親族などから膵臓の一部を切り取り患者さんに移植する)という方法が主に用いられていましたが、ドナーに負担がかかるため、現在では脳死ドナーから全膵を移植する脳死膵臓移植が中心となっています。


弊社は、これらの難度の高い臓器移植を数多く成功させているアジア最高峰の病院と提携することができました。そして、ドナー不足と言われている中、医師の経験や設備にも十分配慮しながら3ヶ月以内の移植を可能にしました。
命を繋ぐプログラムで、患者様の未来を守りたい。そのためにも、私達は最高峰の医療と環境をサポートします。
まずは、日本で最高峰の移植アドバイザーに相談ください!
補助金などについても詳しく説明します!

【FilmoraGo】無料で使える!iPhone動画編集アプリ